βグルカンの吸収経路が
他の栄養素とは違うと理解できると
さらなる効率利用ができます。

INFO

βグルカンが吸収される経路

βグルカン (ベータグルカン)の吸収の経路は、他の栄養素とはかなり異なります。他の栄養素の多くは、水や、油に溶けることで腸内へ吸収されますが、βグルカンは小腸で免疫細胞に"接触"することで体内へ吸収されます。

βグルカンを吸収する免疫細胞はマクロファージです。βグルカンの分子が小腸の腸壁でマクロファージに接触すると、反応したマクロファージがβグルカン分子を捕食し、これによってβグルカンが体内へ取り込まれるのです。一定量の数(分子数)のβグルカンを食することで、小腸で体内へと吸収されるβグルカン分子の数量も多くすることができます。良くない事例ではβグルカン分子が不純物で覆われている場合です。この状態では、βグルカンはマクロファージに接触できないため、体内で摂り込まれず腸内を素通りすることになります。これでは機能性が発揮されません。だからこそ不純物の少ない=純度の高いβグルカンを投入し、マクロファージと多く接触し、少しでも多くのβグルカンを取り込んでもらうことが肝要なのです。

βグルカンが特異な栄養素=機能性成分であるのは、このような変わった吸収経路を経ることが大きいと言えるでしょう。この吸収プロセスを考慮すると、不純物が多いβグルカン製品は吸収の効率が悪いことも容易に想像できるでしょう。逆に純度が高い良質のβグルカンは不純物に邪魔されることなく順当に吸収されるので、純度数値の差以上に吸収効率が高くなるのです。


βグルカンの秘策
CM
リンク