高品質のβグルカンなら
薬や他の健康食品との併用も
問題無し。
ただし、効率吸収を高めるために
時間間隔は必須。

INFO

処方薬や他の健康食品との併用

βグルカン (ベータグルカン)は、薬品ではなく食品です。FDAの定める分類上でも「通常食品」と認定されているほど、安全な食品なのです。 そのため、βグルカンを病院からの処方薬や他の健康食品と併用することも基本的に問題ありません。これは、βグルカンという成分が化学的に非常に安定な物質であるからで、他の成分と化学反応を起こすような危険性が無いからです。だから、食べ合わせの不具合による副作用等も起こりえず、安心してご利用頂けます。実際にも利用される方の多くが、薬品や他の健康食品と併用されています。

ただし、βグルカンの吸収効率を考えるなら、他の健康食品との併用に時間間隔を置くことが重要となります。これは、純度が高く不純物の殆ど無い『オルタスβグルカン85』から見ると、その他の殆どの健康食品は不純物が多過ぎるからです。これらの不純物の多くはタンパク質や脂質であり、これらはβグルカンの機能性を低下させてしまうのです。つまり、『オルタスβグルカン85』から見ると、他の健康食品は大量の不純物であり、時間間隔を空けずに食べると胃の中で混濁されてβグルカン分子が不純物で覆われ、機能性が低下してしまうのです。だから高純度のβグルカンと他の健康食品を併用する場合には、βグルカンの摂取に対して前後30分間、可能なら1時間の時間間隔が推奨されるのです。

βグルカンに加えて、機能性が異なる他の健康食品を併用することで可能性を向上させることができるでしょう。しかし、最も期待値の高いはずのβグルカンの機能性を阻害してしう組合せや利用法では本末転倒というものです。他の健康食品との時間間隔は、βグルカンの効率性を最大限に活用するために再重要な要素だと言えます。

なお、病院等の処方薬で治療中の方は、念の為に主治医へ相談してからのご利用をお勧めしております。


βグルカンの秘策
CM
リンク